logo

  • abouts
  • times
  • magazine
  • schedule
  • gallery
  • price
  • contact
  • contact

sakura

2020/3/28

 

 

毎年この時期になると茨木のり子さんの「さくら」を思い出します。

#########
ことしも生きて
さくらを見ています
ひとは生涯に
何回ぐらいさくらをみるのかしら
ものごころつくのが十歳ぐらいなら
どんなに多くても七十回ぐらい
三十回 四十回のひともざら
なんという少なさだろう
もっともっと多く見るような気がするのは
祖先の視覚も
まぎれこみ重なりあい霞だつせいでしょう
あでやかとも妖しとも不気味とも
据えかねる花のいろ
さくらふぶきの下を
ふららと歩けば
一瞬
名僧のごとくにわかるのです
死こそ常態
生はいとしき蜃気楼
#########

コロナの影響はついにスタジオまで来ました。
今週末、4月の頭の撮影はほとんどキャンセルや延期。
全滅に近いです。
いつもにぎわっていた
テニス場も野球場もとても静かな外苑前。

長引いてしまったらどうなるか。
人生、、短いけどこう見えていろんな事を乗り越えてきましたがこればっかりは、、

韓国の家族からも心配の連絡が来ましたがお互い様。
お互い気をつけるしかない。

世界中がみんな大変だけど
心を乱さずに今できること、色々対策を考えながらがんばってみます。

いつか体に追加で入れようとした言葉がより最近しみじみくる。。

【hoc quoque transibit】

【이 또한 지나가리라】
【これもまた過ぎていく】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。は必須事項です





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • Mail
  • Access
  • Price