logo

  • abouts
  • times
  • magazine
  • schedule
  • gallery
  • price
  • contact
  • contact

新しい靴

2015/8/1

20110430023134
私が知っている女の子。
小さくてファンタのオレンジ色のオーラに色んな表情をして可愛いたれ目をしている。
美人ではないかもしれないが、 かなり魅力的な目を持った女の子は 道を通る度に新しい風を吹かせる。
時々映像の構図で行き過ぎる事物を観察したり、 勝手にストーリーを作ったりして 一人で笑ってしまったりもします。
この女の子は今何を考えているのでしょう。
一日の大部分を何を考えながら生きているのだろう。
その女の子は自身も知らないうちにいきなり育った足を見ながら悲しみます。
なぜか 子供にあまりにも大切な履き物をこれ以上履くことができなくなってしまったためです。
*白くて可愛いこの愛らしい履き物*
“今はとても小さくて。 これ以上履くことができないの。。”
子供はとても悲しくてすすり泣きました。
“この美しい履き物はただ一つだけだろう。 二度と履くことができないよ… “
小さくて白い履物を履いて歩く時度に楽しくて幸せで空も飛べそうに ふくよかでこの可愛い小さい履き物を女の子は愛しました。
 だが、今は履くことができないのです。
女の子は代わりに黒い革の重くて丈夫な履物を履かなければなりません。
静かに考えるとより一層悲しくなりました。
足に合うこともせずかかとは重いです。
かかとは毎日むけて出血してまともに歩くこともできないのです。
女の子は毎晩小さくて愛らしい自分の白い履き物を懐かしがります。
黒い革履き物はあまりにも冷静です。
現実は心配そうな目も温かく手を振りながらも見守ることしかできません。
もうこの女の子はこれ以上子供ではない。
この黒くて丈夫な皮の靴が足にぴったりになる時まで 熱心に履かなければなりません。
そしてその靴でもっと広くもっと高く飛べるまで馴染ませるのです。
そうしたら   この黒い皮の靴も懐かしくなる時がくるでしょう。
**********************************************************
2011年 ある日に私は彼女宛にこの文書を書きました。
今、、彼女は幸せの家庭の一人の奥さんとして女性として大人になっています。
最近、、自分自身そして私の周りの人との思い出そして関係を考えます。
広い関係によりより深く狭い関係を好んでいる私はまだまだ新しい靴をなじませることが必要であると
最近考えます。
新しい靴を恐れずになれればまた大切な自分にあった味のある靴になるように
すべてを恐れずに受け入れることからはじめることが大事であると。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。は必須事項です





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • Mail
  • Access
  • Price